Techブログ

Tech blog

Pythonの話

Pythonの便利なライブラリ11選!

カテゴリ:Pythonの話

2020.07.08

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは伊神です!

この記事ではPythonの便利なライブラリを紹介します。

Pythonは様々な用途で使われますが、ディープラーニングや分析などの機械学習が強いです。その機械学習などを使いやすくするためにライブラリというものがあり今回そのたくさんあるライブラリについてご紹介します。

ライブラリとは

まず「ライブラリ」とは、クラスや関数などがまとめられたものです。

ライブラリには2種類あり、Pyhonをインストールした時に元々入っているのを標準ライブラリ、外部からインストールして使う外部ライブラリと言います。

外部ライブラリ

Pythonライブラリを管理するPyPi.orgにまとめられています。現在ではなんと約200万ほどのライブラリが公開されています。

外部ライブラリはコマンドプロンプトやターミナルで

とすることで外部ライブラリをインストールすることができます。

おすすめライブラリ11選

システムに関するライブラリpipとsys

pip

Pyhonにインストールするライブラリの管理ツールです。コマンドラインインターフェースで簡単にPythonのパッケージを行えます。

sys

Pythonのインタプリタや実行環境に関する情報を扱うためのライブラリです。

数学系のライブラリNumpy、matplotlib

Numpy

Pythonで行列計算,数値計算をするときや、画像をピクセルごとに分解して配列にしたい時に使えるライブラリです。

matplotlib

NumPy向けのグラフ描画ライブラリで、線グラフや棒グラフなどデータを可視化したい時に使えるライブラリです。

統計データや分析用のライブラリpandas

pandas

データの可視化や集計処理などが簡単に行えるライブラリです。データの読み込みや不必要なデータの除外などの作業を簡単にすることができます。応用することによって株価分析などができちゃったりします。

Web関係のライブラリDjango、Flask

Django

高機能なwebフレームワークです。
webサイトに必要な大体の機能が最初から入っています。

Flask

シンプルなwebフレームワークです。
これを使うことで簡単にwebサイトを作ることが出来ます。

DjangoとFlaskの違いは

「海賊はFlaskを使い、海軍はDjangoを使う」

という説明が有名らしいです。

Pythonフレームワークの種類についてこちらで説明しております。

画像処理ライブラリPillow、OpenCV

Pillow

画像のサイズ変更やトリミング、輝度やコントラストの変更など画像に関するさまざま処理を行うことができます。

OpenCV

コンピュータビジョン的な画像処理・画像解析を行うことができます。

こちらで詳しく説明しております。

スクレイピングに関するライブラリrequests、lxml

requests

HTTP 通信ライブラリです。Webサイトの情報取得や画像収集などを簡単に行うことができます。

lxml

Python で使える XML や HTML ファイルの処理用のライブラリです。beautifulsoupのパーサーとして使うことが多です。

こちらの記事でスクレイピングをご紹介しております。

まとめ

今回はPythonの便利なライブラリについて紹介しました。

Pythonには様々なライブラリがあり複雑で難しそうな処理もライブラリを使うことにより簡単に実装できたりするので是非調べてみて下さい!

一覧へ戻る

記事をカテゴリから探す