マーケティングブログ

Marke blog

リスティング広告

広告表示オプションとは?有効に使い分けてリスティング広告の成果を上げる方法

カテゴリ:リスティング広告

2020.11.27

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、株式会社inglowマーケティングチームの梅田です。

弊社、株式会社inglowは、国内外の最新AI・自動化技術を用いることで、広告予算が月々15万円~数百万円の企業様に対しても、莫大な予算を使っている大企業にも匹敵するハイレベルなマーケティングをご提供しているマーケティング会社です。

本ブログでは、そういった視点から最新のマーケティング情報に加えて、過去に1000社以上のマーケティング支援をさせて頂いたことで得た知見やノウハウなどを発信しています。

本記事は、以下のような悩みを持たれた方に向けて書いております。

  • 広告表示オプションとは何か知りたい。
  • 広告表示オプションの正しい使い方、効果を出す方法を知りたい。

広告表示オプションとは、リスティング広告のクリック率やコンバージョン率の向上を見込んだオプションです。

本記事では、弊社の知見やノウハウをもとに、広告表示オプションを上手く使用しながら成果を上げる方法について解説していきます。

広告表示オプションを含めた弊社のリスティング広告全体に関する知見・ノウハウは、下記記事にて全てまとめて公開しておりますので、社内運用で成果を上げたい方、広告代理店に勤めていて運用力を格段に高めたい方などはぜひご覧下さい。

リスティング広告の運用方法やコツ、改善方法などを解説[2020年11月最新]

それでは、いきましょう。

目次

広告表示オプションとは?

広告表示オプションとは、リスティング広告の下部に表示されるもので、これを設定することでリスティング広告に掲載する情報量を増やすことが出来ます。

それによってユーザーにより多くの情報を伝えることが出来るようになります。

広告表示オプションを使用するメリット【好循環が生まれる理由】

広告表示オプションは、使用することでリスティング広告の成果を上げるための好循環を生み出すことが出来ます。

それを本章で解説していきます。

クリック率が高まる

広告表示オプションを使用することで、より多くの情報をリスティング広告内に掲載することが出来るようになるため、どういった情報が広告内に掲載されていることかをユーザーに伝えやすくなったり、あるいは画面全体に占めるリスティング広告全体の面積を大きくすることが出来ることでユーザーの目に留まりやすくなったりするため、クリック率が高まりやすくなります。

リスティング広告の掲載順位が上がりやすくなる

広告表示オプションを使用することで、リスティング広告の掲載順位も上がりやすくなります。

その仕組みを詳しく解説します。

広告表示オプションを使用することでクリック率が上がることは前節で解説した通りですが、リスティング広告の掲載順位を左右する広告ランクという指標が、リスティング広告の推定クリック率によって左右され、推定クリック率が広告の過去のクリック率などから判断されます。

広告表示オプションを使用することでクリック率が高まるため、それによってGoogleから判断される推定クリック率が高まり、それによって広告ランクが高まることで、広告の掲載順位が上がりやすくなります。

これが広告表示オプションを使用することでリスティング広告の掲載順位が上がりやすくなる仕組みです。

リスティング広告のクリック率が高まると、Googleからの評価が高まることで品質スコアが上がり、それによって広告ランクが上がります。

品質スコアというのは、リスティング広告の掲載順位を左右する値の一つで、Googleが広告の評価を数値化して1~10の数値で定めます。

そして広告ランクとは、リスティング広告を入稿する際に設定する上限クリック単価と品質スコアの掛け算によって求められる数値です。

リスティング広告の掲載順位は広告ランクによって決まるため、広告ランクが高ければ高いほど、リスティング広告の掲載順位が上がることになります。

引用
広告の掲載順位とランクの仕組み(Google広告ヘルプ)

クリック単価が下がる

広告表示オプションを使用することで、クリック単価を下げることも出来るようになります。

広告表示オプションを使用することでリスティング広告のクリック率が高まることは本章の前半で解説した通りですが、それによってGoogleから広告の品質をより高く評価されるようになります。

リスティング広告は広告の品質が高いほどクリック単価が下がる傾向にあるとGoogleも公表しているため、広告表示オプションを使用することでクリック単価が下がりやすくなるという仕組みです。

本章で解説したような流れによって、広告表示オプションを使用することでリスティング広告のクリック率、掲載順位、そしてクリック単価が改善されやすくなり、費用対効果を高められるようになるということが理解できたかと思います。

引用
広告の掲載順位とランクの仕組み(Google広告ヘルプ)

広告表示オプションが表示されるための条件

広告表示オプションは、設定しても必ずしも表示されるとは限りません。

広告表示オプションが実際に表示されるための条件については、リスティング広告の広告ランク、掲載順位、有効となっている広告表示オプションの組み合わせという3つの観点から条件がGoogleによって公表されていますので、そちらについて解説します。

広告ランクに関する条件

広告ランクとは、その広告の入札単価や検索キーワードとの関連性、ランディングページの質、推定クリック率などから総合的に判断して決められる広告の質を表す指標ですが、この値がある一定の値を越えることが、まず広告表示オプションを表示させるための1つの条件となります。

そのため、広告表示オプションを設定しても表示されていない場合は、広告の品質を高める必要があることが1つの原因として考えられます。

掲載順位に関する条件

リスティング広告はGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索された際に最上部もしくは最下部に表示されますが、一般的には広告ランクが高いものから順に上から表示されていきます。

掲載順位が高い広告ほど設定した広告表示オプションが表示されやすくなり、掲載順位の低い広告には、掲載順位が高い広告よりも多くの広告表示オプションが表示されることはありません。

すなわち、掲載順位が下がるにつれて、表示され得る広告表示オプションの数が減っていくということです。

そのため、広告表示オプションをより多く表示させるためには、入札単価を高めたり広告の品質を高めることで掲載順位を高める必要があります。

他の広告表示オプションとの組み合わせに関する条件

広告表示オプションを複数設定した場合には、広告のオークションが行われるごとに検索キーワードなどといった検索の状況に応じて成果が最も良くなるような組み合わせだと判断された組み合わせで広告表示オプションが表示されることとなります。

前章で解説した通り、広告表示オプションを使用することでクリック率が高まる傾向にありますが、掲載順位が低い広告が掲載順位の高い広告以上に推定クリック率が高まるような組み合わせで広告表示オプションが表示されることはありません。

引用
広告表示オプションの表示条件(Google広告ヘルプ)

広告表示オプションを使用した際のリスティング広告の課金基準

広告表示オプションもクリックされると広告費が発生する

リスティング広告はクリック課金制で、広告がクリックされるたびに広告費が発生する仕組みとなっておりますが、広告表示オプションも同様に、クリックされた際には広告費が発生します。

ただし、多くある広告表示オプションの種類の中でも販売者評価表示オプションが表示された場合は、例外としてクリックされても広告費は発生しない仕組みになっています。

参考
広告表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

1インプレッションあたりに発生する広告費

広告が一度表示された際に発生する広告費は、多くとも2クリック分の広告費までです。

ですので、例えばユーザーが一度何かしらのキーワードで検索して閲覧した広告をクリックし、前のページへ戻ってまた広告をクリックするというのを3回以上繰り返しても、そのユーザーのクリックによって発生する広告費は、2クリック分に相当する広告費のみということになります。

Googleで使用可能な広告表示オプション

本章では、主な広告表示オプションの種類について解説していきます。

Google・Yahoo!共に広告表示オプションは使用可能ですが、本章でGoogleで使用可能なもの、次章でYahoo!で使用可能なものについて解説していきます。

電話番号表示オプション

電話番号表示オプションとは、リスティング広告に電話番号を表示させることが出来る広告表示オプションです。

通話可能な媒体でリスティング広告が表示される場合には、表示された電話番号もしくは電話のマークをタップすることで、すぐ通話することが出来ます。

営業時間外には電話番号を表示を止めることも出来るという点で利便性が高いとも言えますし、電話番号を表示させることで問い合わせ件数の増加が見込めるようになることからも、例えば電話予約が必要な飲食店や美容院、または病院などがリスティング広告を運用する際に成果の上がりやすい広告表示オプションだと言えます。

参考
電話番号表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

サイトリンク表示オプション

サイトリンク表示オプションとは、Webサイト内の特定ページへのリンクを貼ることが出来る広告表示オプションです。

営業時間に関する案内ページや商品メニュー、あるいはアクセス方法に関するページなど、ユーザーが求めている情報が掲載されたページに直接遷移を促すことが出来るため、広告のクリック率が高まりやすいオプションとなっています。

リンクのアンカーテキストとURLはいつでも更新することが出来るため、訴求内容の変更が容易であるという点や、モバイル版のURLを使用することでモバイル版サイトへ遷移させることが出来るという点が、サイトリンク表示オプションの大きなメリットです。

サイトリンク表示オプションは、パソコンで表示される場合は2~6個、モバイル版で表示される場合には1~8個表示させることが出来ます。

参考
サイトリンク表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

構造化スニペット表示オプション

構造化スニペット表示オプションとは、商品に関する特定の情報を掲載することが出来る広告表示オプションです。

具体的には、広告文の下部にある項目とそれに関するリストを並べて表示させます。

具体例としては、以下のように、主な旅行スタイルとして「家族」「カップル」などがあることを訴求できたりします。

広告文には文字数の関係で記載することの出来なかった商品やサービスに関するより具体的な情報を記載することが出来るため、ユーザーの興味をより引き付けること出来ます。

参考
構造化スニペット表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

住所表示オプション

住所表示オプションとは、広告に住所やアクセスなどに関連する情報を掲載することが出来る広告表示オプションです。

住所以外には、例えば店舗の営業時間や写真、または道順などを地図を用いて掲載することが出来たりと、住所表示オプションを使用することで画面全体の専有面積をかなり大きくすることが可能なため、クリック率の大幅な上昇が見込めます。

参考
住所表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

アフィリエイト住所表示オプション

アフィリエイト住所表示オプションとは、ユーザーが探している商品を販売している最寄りの店舗をユーザーに知らせることが出来る広告表示オプションです。

こちらも住所表示オプションと同様に、店舗までの道順などを知らせることが出来るため、非常に便利なオプションです。

小売業や自動車チェーンなどでよく使われる広告表示オプションとなっています。

参考
アフィリエイト住所表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

コールアウト表示オプション

コールアウト表示オプションとは、商品やサービスについての特徴をアピールすることが出来る広告表示オプションです。

例えば、「送料無料」「初回限定割引」「完全返品保証」「クレジットカード対応」などのように、競合他社にはない自社ならではの特徴を訴求することで、リスティング広告のクリック率を高めることが出来ます。

コールアウト表示オプションとして訴求できる内容の個数は最大10個までと定められており、パソコンで表示される場合には一つ一つが「・」によって区切られて表示され、モバイル版で表示される場合には一つ一つが改行されて表示されます。

参考
コールアウト表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

価格表示オプション

価格表示オプションとは、様々な商品やサービスを価格とともに広告に表示させることが出来る広告表示オプションです。

上記のようにして最大8つのカードを広告上に表示させることができ、ユーザーはそれぞれをクリックすることで、商品ページへ遷移することが出来ます。

具体的に商品情報を広告上に表示させることが出来るため、ユーザーの興味を引き付けやすく、クリック率の上昇もかなり見込める広告表示オプションとなっています。

参考
価格表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

アプリリンク表示オプション

アプリリンク表示オプションとは、ユーザーにクリックしてもらうことでアプリのインストール画面へ遷移させることが出来る広告表示オプションです。

ユーザーが使用する端末に合わせたアプリストア用のURLへ遷移させることが出来るため、端末上の問題に悩むことなく使用することが出来る広告表示オプションとなっています。

参考
アプリリンク表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

プロモーション表示オプション

プロモーション表示オプションとは、期間限定キャンペーンや年中行事などに関連する情報を期間限定で協調して表示させることが出来る広告表示オプションです。

具体的には正月やバレンタインデーなどといった行事などがありますが、それぞれの時期に合わせて期間限定で広告に訴求内容を加えることが出来ます。

例えば、バレンタインデーに関する訴求をプロモーション表示オプションを使用して広告に表示させようとすると、1月15日~2月28日まで使用することが出来たりします。

他の広告文とは違い、イベントに関連する訴求内容は一部太字で強調させることも出来るので、クリック率がより高まりやすい広告表示オプションとなっています。

他にも多くの年中行事やイベントに関連する訴求が可能ですので、下記記事を参考にしてみて下さい。

参考
プロモーション表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

販売者評価表示オプション

販売者評価表示オプションとは、口コミを広告上に掲載することの出来る広告表示オプションです。

ユーザーから高い信頼を得ていることを広告を通してユーザーに伝えることで、コンバージョンに繋がりやすくすることが出来ます。

具体的には、上記のように五つ星評価で掲載し、さらにその横に口コミの数を掲載することが出来ます。

参考
販売者評価表示オプションについて(Google広告ヘルプ)

Yahoo!で使用可能な広告表示オプション

Yahoo!で使用可能な広告表示オプションは、Googleに比べても少なく、以下の4つのみになります。

  • クリックリンクオプション
  • 電話番号オプション
  • テキスト補足オプション
  • カテゴリ補足オプション

Googleで使用可能な広告表示オプションとは全て名称は違うものの、ほとんど同じ役割を持ったものがあります。

それぞれ以下の表において横に並んだ広告表示オプション同士が同じ役割を持ったものになります。

Yahoo!の広告表示オプションGoogleの広告表示オプション
クリックリンクオプションサイトリンク表示オプション
電話番号オプション電話番号表示オプション
テキスト補足オプションコールアウト表示オプション
カテゴリ補足オプション構造化スニペット表示オプション

参考
広告表示オプションとは(Yahoo広告ヘルプ)

設定しなくとも自動で表示されることのある広告表示オプション

広告表示オプションは、Google・Yahoo!ともに使用可能ですが、Googleに限っては、設定しなくとも自動でGoogleが表示してくれる広告表示オプションがあります。

それが以下の7つになります。

  • 電話番号表示オプション
  • 動的サイトリンクオプション
  • 動的構造化スニペット表示オプション
  • 住所表示オプション(自動)
  • アフィリエイト住所表示オプション
  • 販売者評価表示オプション
  • 動的コールアウト表示オプション

本章で紹介した広告表示オプションの中で、5章で解説したオプションの名称の先頭に「動的」とつけたもの、例えば動的サイトリンクオプション、動的構造化スニペット表示オプション、動的コールアウト表示オプションがあるかと思いますが、それらはGoogleが検索ニーズなどに応じて自動で表示させるという意味でつけられており、本章で紹介した6つの広告表示オプションはどれも、Googleが検索キーワードや検索ニーズなどから総合的に考え、これらを表示させたほうが成果に繋がりやすいと予測した場合にのみ表示されます。

これら自動で表示される広告表示オプションの設定方法などは、下記記事をご覧下さい。

参考
広告表示オプション(自動)について(Google広告ヘルプ)

GoogleとYahoo!それぞれでの広告表示オプションの設定方法

Googleの場合

Googleで広告表示オプションを設定する場合は、以下の手順に沿って行えば完了します。

  1. 管理画面の左部分にある「広告と広告表示オプション」をクリック
  2. 画面上部にある「広告表示オプション」をクリック
  3. 青い背景で白抜きにされた「+」マークをクリック
  4. 表示されたプルダウンメニューから、使用したい広告表示オプションを選択する
  5. 使用したい広告表示オプションの適用範囲を「追加先」という項目で「アカウント」「キャンペーン」「広告グループ」のいずれかを選ぶ
  6. その他必要事項を入力し、「保存」を選択

Yahoo!の場合

Yahoo!で広告表示オプションを設定する方法については、下記記事でかなり分かりやすく解説しているので、ぜひご覧下さい。

参考
広告表示オプションを利用するには(Yahoo!広告ヘルプ)

広告表示オプションの使用による結果の確認方法

本章では、広告表示オプションを使用したことによる成果の確認方法について解説します。

様々な視点から成果を確認することが出来ますので、それぞれ1つずつ解説していきます。

参考
広告表示オプションのパフォーマンスの分析(Google広告ヘルプ)

広告表示オプションの使用有無による結果の比較

リスティング広告は、一定期間におけるインプレッション数やクリック数などの成果を確認することが出来るため、広告表示オプションを使用し始める前後でそれぞれクリック率を比較することで、広告表示オプションの使用がリスティング広告のクリック率の改善に貢献できているかどうかを知ることが出来ます。

もし広告表示オプション使用後にクリック率が高まっていれば、一概には言えませんが、広告表示オプションがリスティング広告のクリック率向上の1つの要因となった可能性があると考えることが出来ます。

各広告表示オプションごとの成果の比較

また、各広告表示オプションごとの表示回数やそれが表示された際のリスティング広告のクリック数、クリック率をそれぞれ知り、比較することが出来ます。

具体的には下記の手順によってそれらを確認することが可能です。

  1. 広告管理画面の左にあるメニュー内で「広告と広告表示オプション」をクリック。
  2. 画面上部にある「広告表示オプション」をクリック。

各広告表示オプションごとの表示回数、クリック数、クリック率が表示されますが、成果をはかる最も有効な指標はクリック率です。

クリック率の高い広告表示オプションほど、リスティング広告の成果に繋がっていると把握して構いません。

特定の広告表示オプションの表示有無による結果の比較

特定の広告表示オプションが表示された場合とそうでない場合とでぞれぞれのリスティング広告の表示回数、クリック数、クリック率などを比較することも出来ます。

具体的には下記の手順によってそれらを確認することが可能です。

  1. 広告管理画面の左にあるメニュー内で「広告と広告表示オプション」をクリック。
  2. 画面上部にある「広告表示オプション」をクリック。
  3. 画面上部にある「分割」をクリック。
  4. 「この広告表示オプションとその他」をクリック。

この方法によって、特定の広告表示オプションがリスティング広告のクリック率などの向上に貢献できているかどうかを知ることが出来ます。

特定の広告表示オプションが表示された際の成果の確認

特定の広告表示オプションが表示された際に、リスティング広告内のどの項目がクリックされたのかを確認することも出来ます。

具体的には下記の手順によってそれらを確認することが可能です。

  1. 広告管理画面の左にあるメニュー内で「広告と広告表示オプション」をクリック。
  2. 画面上部にある「広告表示オプション」をクリック。
  3. 画面上部にある「分割」をクリック。
  4. 「クリックタイプ」をクリック。

この方法によって、特定の広告表示オプションが表示された際に、どの広告表示オプションがどれくらい多くクリックされているかを知ることが出来ます。

広告表示オプションの使用による結果を踏まえた改善方法

広告表示オプションの使用による結果を様々な視点から確認すると、クリック率の向上に貢献出来ているものも、そうでないものも見つかるかと思います。

その中でクリック率の向上に貢献出来ていない広告表示オプションについては、何かしらの方法で改善をしていく必要があります。

それらの改善方法について、詳しく解説していきます。

成果に貢献できていなかった広告表示オプションによる訴求内容を変える

リスティング広告のクリック率に貢献出来ていない広告表示オプションの中でも、構造化スニペット表示オプションなどと言った、訴求内容を変更することが出来るものは、使用を止めるのではなく、訴求内容を変えてみましょう。

その理由は、訴求内容を変えることでリスティング広告のクリック率が大幅に改善されることが非常に多く起こるからです。

そのため、成果にあまり貢献出来ていない広告表示オプションがある場合は、訴求内容を変えて再度リスティング広告を運用することを成果が上がるまで繰り返し行ってみましょう。

【業態別】クリック率が高まりやすい広告表示オプションの種類

実店舗型ビジネスを展開している場合

実際に店舗を構えてビジネスを展開している場合には、主に以下のような広告表示オプションがオススメです。

  • 住所表示オプション
  • アフィリエイト住所表示オプション
  • コールアウト表示オプション

住所に関しては、書かれているだけでユーザーは勝手に「何分くらいで店舗に着くのか」「駅から何分くらいかかるのか」などを想像し始めます。

また、コールアウト表示オプションを使用して「24時間Web予約受付中」「無料相談実施中」などと表示させれば、ユーザーの行動へのハードルを下げることが出来ます。

このように、ユーザーに行動を促すような訴求が出来る広告表示オプションを使用すると成果に繋がりやすくなります。

Webサイトによる集客を増やしたい場合・ECサイトを取り扱っている場合

Webサイトによる集客を増やしたい場合・ECサイトを取り扱っている場合には、主に以下のような広告表示オプションがオススメです。

  • サイトリンク表示オプション
  • コールアウト表示オプション
  • 構造化スニペット表示オプション
  • 価格表示オプション

構造化スニペット表示オプションを使用することで、サイト内でユーザーが求めているページへのリンクを広告に表示させることで広告のクリックを促すことが出来たり、ECサイトで販売している商品を価格とセットで広告に表示させることで、よりユーザーに興味を持ってもらいやすくなります。

まとめ

以上、広告表示オプションについて解説してきました。

広告表示オプションというのは、リスティング広告に掲載する情報量を増やすことでクリック率やクリック単価などを改善し、リスティング広告の成果を高めるために非常に有効な機能でした。

使用してみたうえで結果を確認しながらそれをふまえて改善していくことが大切です。

そして最後に、弊社についての宣伝を少しだけさせて下さい。

弊社、株式会社inglowは、広告運用を始めとしたWebマーケティング施策を行いたい企業で、特に広告予算が15万円~数百万円ほどの企業が、最適なマーケティングサービスを受けることが出来ていないという広告業界の課題を解決したいと思っています。

そのために、国内外の最新AI・自動化技術を使うことで業務内容を最大限に効率化かつ高性能化し、プロのマーケターが運用して改善し続ける運用体制を整えています。

これによって、莫大な予算を使っている大手広告代理店に匹敵するハイレベルなマーケティングを比較的低コストで提供させて頂いております。

詳しくは下記詳細ページをご覧下さい。

[2020年11月最新]AI時代における小規模~中堅企業のマーケティング戦略必勝法

また、下記には企業が社内のマーケティングの状態を無料で診断出来るサイトを用意しています。

30問の選択問題に答えて頂くだけで、良い部分と改善点を細かく診断し、具体的なアクションプランまでご提示します。

約5分ほどでご回答頂けますので、ぜひ下記URLをご覧下さい。

5分でできるデジタルマーケティング診断

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

一覧へ戻る

記事をカテゴリから探す