マーケティングブログ

Marke blog

Webマーケティング

LinkedInの新しいプロフィール設定でマーケターはメールアドレスのダウンロードができなくなる!?

カテゴリ:Webマーケティング

2018.12.05

このエントリーをはてなブックマークに追加

inglow’s blogをご覧の皆さん、こんにちは。

株式会社inglowの村上嘉一(かいち)です。

今回は、LinkedInがあたらしいプライバシー設定でメールアドレスのダウンロードを登録者が防ぐことができるようになったことについて書いていきます。

参考;Marketing Land 「LinkedIn’s new privacy setting prohibits marketers from exporting emails」より

マーケティングにおいて、メールアドレスというのはとても重要なツールの1つではないでしょうか。

メールの送信によって見込み客にどんどんアプローチをしていき、その反応によって属性を振り分けるなど、マーケティングの核になるほど重要なツールです。

それが今回、LinkedInからのメールアドレスのダウンロードがユーザによってできなくなることが発表されました。

LinkedInの目的は、ユーザに個人情報の公開を委ねることにあるようです。

そうすることで、個人情報の公開における責任をユーザに負わせることができ、情報の操作をLinkedInが請け負う必要はなくなるからです。

今回のこの動きは、メールアドレスの貞応厳としてマーケティングにおいてはそれほど大きな影響はないように思われます。

ただ、LinkedInに存在する質の高い情報を得ることが難しくなることも考えられます。これによって、量はカバーできても質が担保されなくなることになります。つまり、リストはたくさん作ることができても、そこから絞り込むことができる数は少なくなる可能性があると言うことです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

***

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション全体を企画、実施し、運用改善していきます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る

記事をカテゴリから探す