マーケティングブログ

Marke blog

Webマーケティング

広告ブロッカーに対応するためにマーケティング担当ができること。

カテゴリ:Webマーケティング

2019.03.12

このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBマーケティングにおいて、自社サイトのコンテンツを充実させ、SEO対策を行うことはとても重要です。しかし、SEO対策は結果が目に見えるまで時間がかかるため、WEB広告を使ってマーケティングを行う企業がほとんどでしょう。

そして、WEB広告を扱うマーケターを悩ます存在が広告ブロッカーです。

ある調査では、インターネットユーザーの実に4分の3もの人々が何かしらの広告ブロッカーを利用していることが分かっています。

ユーザーが広告を嫌いブロックする理由は主に3つです。

①広告によってページの閲覧を邪魔されるのを減らすため。

②快適にインターネットを利用するため。

③あまりにも無関係な広告が多いため。

マーケターには耳の痛い話かもしれませんが、ウェブ上の広告は基本的に無視されてしまいます。

しかし、上記の理由を考慮しつつ広告の構成を計画することで、広告ブロッカーに対応することは十分に可能です。

例えば、ユーザーに関連性のある質の高い広告内容であれば、広告を受け入れようとしますし、ネイティブ広告のようにページの閲覧を阻害しない広告も効果的といえます。

参考サイト;Marketing Land 「What are marketers’ options for handling ad blockers?」

 
*毎月先着5組様限定!Webマーケティングの無料個別相談会*

株式会社inglowでは、WEBマーケティングにおいて課題を抱える企業担当者様向けに、WEBマーケティングのプロに相談できる無料の個別相談会を開催しております。

日々多くの方からご相談を頂くので、お客様一人一人への対応の質を維持するために人数制限を設けさせて頂きました。

▼「Webマーケのことあれこれ相談会」の詳細はこちら!

Webマーケティング無料相談会の詳細及び申し込みフォーム

一覧へ戻る

記事をカテゴリから探す