マーケティングブログ

Marke blog

AI活用マーケテイング

買い物客の行動を分析して広告を表示する「リテールAIカメラ」が登場!

カテゴリ:AI活用マーケテイング

2019.04.17

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーの購買プロセスを分析して、最適な広告配信を行うことはオンラインでの買い物時には当たり前になっていますが、リアル店舗での広告でも今後浸透していくかもしれません。

全国に店舗展開するトライアルホールディングスが、来店客の買い物の状況をAIカメラで分析して、店頭にある画面の広告を変化させるという新たな試み発表しました。

現段階では、かごを持って買い物をしている客には単品商品をレコメンド、カートを引いて買い物をする客にはケース商品をレコメンドすることが出来るそうです。

今後、映像解析や購買分析の範囲が広がれば、来店客のカゴやカートの中の商品に合わせて広告の表示が出来るようになるかもしれません。もし実現すれば、買い物を邪魔することなく、最適な商品のレコメンドをすることで、来店客あたりの単価を伸ばすことができそうです。

***

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション全体を企画、実施し、運用改善していきます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る

記事をカテゴリから探す